三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

心がけ。

覚書程度に箇条書き。
    一つ一つの音を丁寧に出す。
  • 4300でも手抜きをしない。
  • 音を引きずらない。

    撥はしっかり打つ。
  • 音が出なければ三味線ではない。
  • でも、皮をたたく音だけじゃだめ。

    曲の間を感じながら弾く。
  • 唄い手さんが歌いやすいように。
  • 唄い手さんのスピードで。

    舞台ではなるべくその場にあった曲を弾く。
  • なるべくお客さんの地方の曲を弾けるように。
  • でも一つ一つの完成度をなるべく高く。

    なるべくお客さんを乗せるような演奏をする。
  • 音の強弱をつけてごまかすとか。
  • できないけど。


先は長いですな。練習あるのみです。

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/130

コメント(2)

すごいですねー!

こんなに考えながら

練習してるのね。



津軽三味線を習い始めて

かれこれと、2年過ぎましたが

未だに・・・。

むずかしい、

けど 音がたまらなく 良い。



最近、仕事に追われて

呑み込まれて

溺れかけている。



次のお休みには

先生のところに行こう。



すごくうれしくて!

津軽三味線のブログが。

また書いちゃった。



また覗きにきます。

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント