三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

丁寧に、力強く。

こっそりと自分の曲弾きを練習中です。
普段だと適当になりがちな撥打ち、ツボを修正しつつ、いそしんでおります。
結構ねぇ…難しいんですよ。
1個の音に対してのこだわりと言いますか、音がなっているかどうかの確認と申しますか…

叩くところ、すくうところは、しっかり撥の音がなってなければおかしいわけですし、それ以外のところで撥の音がなってもよくないわけですし。
はじくところはきれいな音をしっかり鳴らさなければならないですし。
前撥のときはしっかり音を殺さなければならないですし、後撥は力強く、かつ力まずに弾かなければならないですし。
小さい音のときはしっかり小さくしなければならないですし、メリハリをつけて、曲に広がりを出さなければならないですし。
1の糸は、高いツボにいっても、糸の音が鳴るように工夫しなければなりませんし。
始めの音出しの「べべ~ん」も、綺麗にできればうまそうに見えるし。

徒然と書いてもこれだけあるのか…(*_*)

全国大会のCDなんかを聴いてると、入賞者の方々は皆様撥打ちミスなんてほぼありませんし…やはり丁寧に、かつしっかりとした撥打ちをされていらっしゃる…

まだまだ練習が足りないんでしょうな。
一個一個、問題を解決していくしかないんでしょう。

うむ、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/163

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント