三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

研究と改良。

火曜日は、稽古でした。
基本の撥打ちとか、気をつけてやってみたりしてました。
先週購入した二分九厘の駒なんですが、ぜんぜん鳴りません。ってか、鳴らせません。1曲終わると、ぐったりします。
打ち方が甘いんだと思われますので、練習してみましょう。

あと、胡弓練習しました。
なんだか高いツボのところがちゃんとキーキー言わずに鳴ってました。
でもやたらと引っかかったり、音が出づらかったりしたので、松やにを塗りたくってみましたよ。


水曜日は、稽古でした。
正調生保内節がいつの間にか忘れ去られ、秋田甚句が開始されました。
まぁ、正調生保内節は藤本の譜面の手と似てますから、きっとみんな予習してくることでしょう。
秋田甚句は…耳コピーしやすい曲でしたよ。ネットに転がってましたし。
自主練習も大事です。

あと、胡弓練習しました。
前日塗りたくった松やにが効いたのか、やたらと音が出ております。
ふむ…研究の余地ありですな。
非常に気持ちよく練習ができました。

9月の終わりに、隣の町内の演芸会みたいなので、越中おわら節をやってみるようです。
そのときは胡弓をやるようなので、少し気合を入れて練習してみますか。

いろいろ試してみて、さらにいい音を目指しましょう。
はてさて、練習練習♪
しかし、練習方法…
いちいち師匠にひとつずつ手を習っているのって、どうなんでしょうねぇ。
もっと大事なことを倣えるチャンスな気がするんですけど。

ま、俺が口出しすることでもない気がしますから、いいにしましょうか。

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/266

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント