三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

三連出演。

週末は、三連出演でした。

初日は、うちの父親の同年会とやらで演奏してくれとの事でした。
その日は師匠の都合が悪いらしく、弟子数名でやらせていただきましたが。
なんといいますか...
5時半集合、7時近く出演みたいな。
出演時間はしっかり確認しておいたほうがよさそうですね。ええ。
やった曲は、おぢゃれ節、じょんがら曲弾き、十日町小唄ですか。
十日町小唄、壮絶でした。


中日は、メインストリート的なところでの舞台でした。
自宅から数分のところだったのですが、持って行ったものが...

三味線
胡弓
太鼓
太鼓


若干きつかったですね。
やった曲は、まぁ定番のやつと、越中おわら節ですな。
いまひとつ左手がギツバタしてしまうところがあり、非常にしかめっ面になってしまいました。
ま、それでもほどほどでしたでしょうか。


最終日は、アルバイト的結婚式でした。
三味線は師匠と二人で、唄い手さん付で。

入場はいつも、さくらを弾いているんですが。
唄い手さんもいらっしゃいましたので、さんさ時雨で入場ということに。
ちょうど雨が降っていて、外の庭には和服の新郎新婦が傘さして。
う~ん、絵になりますなぁ...

と、ここまでは良かったのです。
入場が終わり、余興の打合せとなりました。
前もって、長崎ぶらぶら節を復習してくるように言われておりまして。
唄付けはそれだけかと思っておりました。

しかし...

いやぁ、やられてしまいました。
師匠、歌い手さんと話しております。

師「今日は、何を唄われますか?」
唄「う~ん、米山(甚句)がいいかしら。」
ビクッとする自分。
こちらを見る師匠。

師「じゃ、合わせてみよう。」
の「は、はい。」

えっと、米山甚句って習いましたっけ?と思うも、いつものことかとあきらめつつ、おどおどしながらなんとか終了。

師「じゃ、これでいこう。」

ここで米山甚句は教えてもらったこととなったようです。

そんなこんなでその他に、長崎ぶらぶら節を唄われて、じょんがら曲弾きをし、あいや節の太鼓を叩き、出演は終わりました。


しかし、ふと思ったのですが...
残念ながら、俺、曲弾きうまくないですねぇ...
やっぱり左手が動ききってなくって、出すべき音が出きってないんですよ。
なんだかヤキモキ。
うほ~。
ま、去年の11月ぐらいに比べれば、格段に動くようになってますから、少しずつよくなるものと信じてひたすら練習するしかないですね。
自分の曲弾きもそうですが、合奏曲もちゃんと練習しなきゃ。

ふぅ。

先は果てしなく永いですが、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/276

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント