三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

出演まみれ。

週末土曜日は、とある町内のお祭りの屋台上での出演でした。
雨がしっとり降りつつ、非常に三味線に悪い中の出演となりました。
もちろんしっかりと外用三味線ですけどね。
出来は…いまひとつでしたかねぇ。
高い調子低い調子が行ったりきたりしまして、一瞬で合わせるのが非常に難しいところですね。
しかも、外用の糸巻きの調子がおかしいと来たもんだ。
三味線屋さんがいらっしゃったら、調節してもらいましょう。

その時、翌日日曜日の出演がひとつ追加になったことが師匠より報告されまして。
う~ん、忙しいですなぁ。


週末日曜日は、当初から予定されていた結婚式の余興で新潟市へ。
う~ん、いつもの事ながら出演スペースが狭い。
おかげでひとまとまりになれず、新郎新婦をはさんで二組に。
これが後の悲劇を生むこととなります。

なんだか今回は、事前に用意した民謡リストの中から好きな曲をアンケートで応えてもらう方式をとったようで、それを第一部の後半に3曲やるとか。
そのリストにどんな内容が入っていたかは、当然のごとく知らされておらず…
決まった曲は、相川音頭、津軽数え唄、新津松坂の3曲となり。
ま、数え唄はいいとしても、新津松坂は…相方さんとちょっと遊んだ程度で、やった記憶がないっす。
まぁ、そんな中でも適当にやるのが師匠から盗んだ適当弾きでなんとかごまかし、すっかり弾いている様に見せかけました。

それはともかく、問題の第二部です。
曲目は、佐渡おけさ、笹だんご節、じょんがら新節の予定。
新郎新婦を挟んで一方が佐渡おけさ担当で5本、もう一方が自分を含む笹だんご担当で8本。
それぞれはまぁ問題ないのですが、その後のじょんがらの音合わせですよ。
8本は5本に戻しても、6本くらいになるんですよね。
つまり、音合わせの音が、不協和音です。

ず~っと音あわせをしてもなかなか合わないので、見切り発進で進めてみたものの、ドツボにはまる演奏たちで。
自分に対して、非常に不服でした。

んで、一回戻ってきて今度は温泉ホテルでの出演。
相変わらず鍋物料理が出ているところでの演奏は、きついですなぁ(^^;
まぁ、今度は非常にいい感じに演奏できた気がしますね。
笹だんご節では踊りだすお客様も少々。
童謡にも好反応。
佐渡おけさも手拍子をうっていただきました。裏でしたけども。

その後の温泉も非常にいい塩梅でした。


まだまだ未熟なところがたくさん。
先はまだまだ遠いです。
とにかく、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/334

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント