三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

無様。

このお盆は、出演の非常に多いお盆でしたね。
14日は、ちょいと遠くのリゾート地にて三味線のみの演奏2ステージ。
合奏のレパートリーをほぼ演奏しましたか。

やはり、余裕といいますか、間がないと大変なことになりますね。
特に顕著に出たのが、秋田荷方節。
速くなると、急にゆっくりにはできない曲ですので、落ち着かなければなりません。
あわててしまうと、ね。あれですから。
むしろ2の糸を後ろ撥気味で叩くと、秋田もの風味が出るのではないでしょうかね。
ま、急には出来ないですけどね。

14日夜は、お世話になっている唄い手さんの、地元の演芸会みたいな。
前半はプロの歌手の方が、酔っ払いさんのセクハラ的なことを受けている風でした。
後半は自分達の出演でして。
普段やらないような大漁唄い込みとか、唄付けさせていただきました。
そして久しぶりに、人前で一人で曲弾き。

うううう~ん…
1の糸の高いところが…ツボが…あうあう。

これは、やばいですよ。
でもまぁ、音の強弱を駆使して、若干の見た目も工夫して、拍手をいただくことが出来ました。
しかし、自分の精神状態はぼろぼろに。
へこみつつ岐路につきましたとさ。


15日は、師匠の町内の近所の演芸会に。
久しぶりに若師匠が一緒に出演です。
大漁唄い込みや花笠音頭の太鼓をお願いしたのですが、いやぁ、太鼓があると曲がしまりますね。
太鼓の勉強もしてみたいと思ってしまった今日この頃です。

唄い手3人がかりで進めていた出演ですが、問題が数点。
・三階節の手をすっかり忘れて、無様。
・調子が変わる唄での調弦の仕上がりが、無様。
・曲弾きが、無様。

曲弾きは、前日の失敗を踏まえて1の糸のツボに神経を遣ったので、わりと1のあたりは良かったのですが、2と3の9~10あたりとか、16チリチリとか、粗雑でした。
最後までしっかり気を遣った演奏が出来るよう、がんばります。


予習復習って、やはり大事ですね。
唄付けも曲弾きも音合わせも、数やらないと出来ませんね。
無様な姿を見せぬよう、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/352

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント