三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

恐るべし高山撥。

どうも~。
火曜日は、火曜塾でした。
なぜかこの日も人が少なめでしたな。
まぁ、今までの復習とか何とか。

人が少ない分、曲弾きの回数も多めにさせていただきました。
いかに緊張状態でなくするかが、結果につながるような気がしますね。
頑張りましょう。


水曜日は、水曜塾でした。
お世話になってる楽器屋さんがいらっしゃいまして。
撥などを物色していると、高山撥発見。
購入以来すっかり高山贔屓な自分としては、是非ともためし弾きを。
気持ち薄めで模様はよくないですが、幅が小さめで弾きやすそう。

んで弾いてみると、おお、前撥が決まる。
一の糸が打ち抜きやすい。

逆に言うと、今の撥では…

前撥が決まってなかった。
一の糸が打ち抜けてなかった。

うう~む。
割と叩けているほうだと自負していたのですが、まだまだでした。
一筋縄ではいかない、極厚高山撥。
駒の高さを下げてみるのもいいかもしれませんな。
まぁ、じっくり撥打ちの研究をしてみたいと思います。

この日は曲弾き無しで、単独唄付けを練習させていただきました。
自分は、相川音頭。
何とか形にはなってたつもりなんですが、まだ録音を聴いてないので、なんともいえませんな。


これでいいなんて事はないんですな。
動きが止まったら、それは相対的に下に向かっているということ。
少しでも上を目指して、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/374

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント