三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

ずた、ぼろ。

火曜日は火曜塾でした。
曲弾きをやらせていただいた気がしますが、ずたぼろでした。
最近曲弾きの部分練習をずっとしていたので、結構弾けるんじゃないかと思っていたのですが…
やはり自宅とは違うこの緊張感。
いつでも弾けるように弾き込むことが大事ですな。


水曜日は水曜塾でした。
この日は月末付近にいっしょに地方をやっていただく唄い手さんに来ていただき、宮津節と越中おわら節を合わせさせていただきました。
まぁ、いいんじゃないでしょうかね。

んで、この日は若師匠も来ていただき、週末の出演の練習をちらほら。
久しぶりに曲弾きを聞かせていただきましたが。
速いなぁ…
あわせて弾いている師匠がついていけるかどうか、って言うくらいの猛スピードでした。
がんばらねばね。

んで、油断していたところ、最後に数え唄を若師匠と自分で。
まぁ、唄の中は適当にあわせられるんですけども。
浪曲ですよ、浪曲。
全部若師匠に振ろうとたくらんで、三番は見事に振ることに成功しました。
が、四番の浪曲に入ろうとするときにチラッと見てみたら。
なにやらこちらに向いた手が。
これは俺にやれということでしょうか。

ふぅ。

じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃん。
ひょお~、じゃん。
べろん、ぼろん。
(あれ?)
どぅおん。
(音がちがった。)
首をかしげる自分。
それを見て吹き出してしまった唄い手さん。
ホントに申し訳ございませんでした。

なにやら師匠の計らいで、週末の敬老会には数え唄をやる模様。
こっそり録音したデータで、完コピしておきましょう。


やはりやらなきゃうまくなれませんものね。
唄付けも、曲弾きも。
いろんな演奏を観て、聴いて。
唄付けをするなら、その曲を山ほど聴いて。
曲の持つ雰囲気を取り込めば、適当に弾いたり叩いたりすることも出来るんじゃないでしょうかね。
まだまだ修行が足りません。がんばります。
そのためにも、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/398

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント