三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

出雲崎おけさ全国大会。

どうも、月曜日に仕事をする気がほとんどないのぶやまです。

日曜日は、出雲崎おけさの大会でした。
この出雲崎おけさという民謡は、どうやら「おけさ」の源流であるといわれているそうです。
相方さん曰く、唄の節回しは佐渡おけさに近いものがあるとか何とか。

そういった重要な民謡であるという意識は、以前から持っています。

しかし、この大会はとても不思議な大会です。

まずは年齢ごとに各部門ごとに競われます。
そして、各部門の1位と、大会全体から上位6名が決勝戦に進んで総合優勝を決めると。

まぁ、すごかったですよ。
採点としては、優勝候補であろうと思っていた相方さんと同部門の方の点数が、少年少女の部のトップより低かったり。
少年少女の方が決勝に3名出場したり。
もちろん、少年少女ですから実力的には、アレですよ。
しかも総合優勝者はゲフンゲフン。

絶対的な審査なんて無理なわけなんで、いっそのこと各部門の1、2位を決勝に進めるとか。
予選会の結果がすぐに出てきて、不正がない感じがとても好感触でしたが、きっとまだまだ改善の余地がありますね。

あとは進行が大雑把過ぎましたか。
表彰のとき、舞台上で30分以上も待たされたり。
あれはかわいそうですって。

大会の運営方法とか、考えたほうがいいと思いますよ。

でも、ゲストが豪華で良かったです。
若手のホープ、剣持雄介さんとゆかりさん。
お二方とも、私服で歩いているとただのあんちゃんねぇちゃんなんですけどね。
舞台に上がるとすばらしいエンターテイナーでした。
勉強になりますです。

ちなみに相方さんは部門3位。
事前対策をしていたのをできずに悔しがっていました。
自分も残念でしたが、まぁ次の郷民の全国大会ではやってくれるでしょう。

てなわけでいろいろある大会でしたが、楽しかったです。
誰にも文句の言われない1位を取れるように頑張りたいと思います。
自分も自分の練習を頑張らなきゃと再確認です。
つまり、練習練習♪


スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/474

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント