三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

骨ぽっきん。

いやいや、まいりました。

したたかに飲み、いろいろありまして右の肋骨的なものを骨折してしまいました。

つまり、三味線の胴が当たるところですね。

つまり、三味線弾けないって事ですね。

そんななか、出演があったので見学にいってきました。

見る立場って言うのも結構久しぶりでして、新鮮です。
そんな中感じたこと。

  • 民謡をやるときは、太鼓などなるべく他の音が有ったほうがいい。
  • 音出しの初めの音がそろっていないと、ひどく下手に聴こえる

こんなところですね。

そんな反省を踏まえ、昨日は出演に行ってきました

掛け声って、結構肋骨に響くんだということを学びました。
うーん、痛い。

久々に相方さんに単独で唄付けさせていただきました。
しかし、県内ものを太棹でやると...
一の糸がどーん、みたいな。
中棹は常備しておかねばなりません。
しかし重いものを持つと肋骨に響きます。
うーん、痛い。

あと、練習していないと秋田荷方節はきついです。
帰ってから練習したことは言うまでもありません。

ご心配かけて申し訳なかったです。
意外と元気です。
はりきって、練習練習♪



スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/480

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント