三味線用譜面(文化譜)の更新履歴

このブログについて

このブログにつきまして、ご意見・ご感想・苦情等ございましたら、こちらのメールフォームよりご連絡ください。
記事の削除要請につきましても上記メールフォームよりお願いいたします。
その際、こちらの判断でやり取りを公開させていただく場合がございますのでご了承ください。

スポンサード リンク

人の振り見て。

どもども。
昨日は流派の新年パーティとやらがありまして、参加してまいりました。
いろいろな方にご挨拶できて、まぁいい会でしたね。
しかし、酒を飲んでの演奏というのは、ひどいものですな。
ただでさえあまり練習してない上に、モニターのない環境、そしてほろ酔い。
反省点山盛りです。


んで、そこでの演奏を聴いて思ったんですけど。
遊んで弾くのと適当に弾くのって、違いますよね。

遊んで弾くのは、間をちゃんととって演奏すること。
適当に弾くのは、例えばあいやの間をじょんがらの間で弾いてしまうようなこと。いわゆる問題外です。

曲をちゃんと理解して、撥付けをしっかりさせて、唄い手の唄を最大限生かせるような心遣いをして、その上で遊ばなければいけないんじゃないですかね。
勉強する順番を間違ったり、謙虚さをもたなかったりしていれば、いつか実力を見透かされてしまうんじゃないでしょうか。
七光りは、代が変わっていけば、徐々にその輝きを失い始めます。

人の振り見て我が振り直せ。
自分はそうならないよう、基本に忠実に、謙虚さを忘れずに、頑張っていきたいと思います。
そのためにも、練習練習♪

スポンサード リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.nobuyama.net/mt5/mt-tb.cgi/410

コメントする
■お名前
■メールアドレス
■URL
■ログイン情報を記憶
■コメント